トップページ > チーム案内

チーム案内Team Information

ごあいさつ

松坂投手

横浜ヤング侍は、米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手(写真:左)を始めとする、 松坂世代の甲子園出場者で構成される野球チーム「サムライ」(神宮正和代表)の弟チームとして、 平成21年9月に結成され、瀬谷区と座間市の中学生を中心に活動している、 ヤングリーグ西関東支部所属の硬式野球チームです。
平成24年4月現在、部員は28名。平日は上瀬谷、座間等にて、守備及び打ち込み練習、週末は侍専用マイクロバスを使用し、各地で練習試合等を行っています。相模原市内には照明装置も完備した横浜ヤング侍専用練習場も完成し、基礎練習等に利用しています。

神宮代表

ヤングサムライ会長を兼任する神宮代表(写真:右)は「想像以上に強く、将来性のあるチーム。目標はジャイアンツカップ(全日本大会)出場だが、強さに関係なく良いチームに育ってほしい」と期待を寄せる。今後も兄弟チーム間の交流を増やしていきたい意向を示した。 松坂選手は「これからも積極的に(ヤングサムライの)サポートができれば。厳しい練習に耐えて、甲子園出場やプロ野球選手を目指して頑張ってほしい」と激励。「好きなことを見つけて素直に向かっていき、根気よく続けていってほしい。それがスポーツであれば嬉しいし、僕ら大人が子どもたちの目標や将来の夢になれれば。その手助けをできる限りやっていきたい」と母校の地元、横浜の子どもたちへの思いを語った。

ページトップへ戻る

チーム指針

横浜ヤング侍は「清く、正しく、明るく、楽しく、強く」を理念として、「大成長期である中学生の愛ある健全育成」をかかげ、道徳理念に優れ、公正さを強く持ち、優しさと思いやりの上で、優れた野球理論に基づいた指導と、選手の骨格形成を妨げず、故障・事故に至らせない身体学的理論重視のトレーニング指導を行い、全日本少年硬式野球連盟(以下「リーグ」という)定款に基づき、リーグの趣旨に則り、リーグの指示または通告の伝達と、その徹底を期することを目的としています。


ページトップへ戻る

概要

チーム名称 横浜ヤング侍
会長 神宮 正和
代表 木村 栄一
所在 〒252-0001 座間市相模が丘6-34-1-602
電話/FAX:046-254-3949
携帯:090-3349-0268
ページトップへ戻る

沿革

2009.11(平成21年11月)
全日本少年硬式野球連盟(ヤングリーグ)西関東支部に属する
2009.09(平成21年9月)
横浜ヤング侍発足

神宮会長へ寄せ書きを
みんなで記念写真
ページトップへ戻る

ヤングリーグ

ヤングリーグ

1993年甲子園球場の隣、兵庫県尼崎市に関西を中心に野球を愛する38チーム中学部24チーム小学部14チームが 集結してヤングリーグを結成しました。リーグのモットーは次代を担う青少年に正しい硬式野球の指導と、 野球を通じて人々との和と輪を諮る事を目的とした健全育成に努めております。 指導方法は、選手自身の個性を重視した少年たちの目線に立って、それぞれの選手の体力に応じた指導を 心掛けております。現在の加盟チームは、小、中合わせて191チームヤングリーグ出身者で福田聡志君が 巨人、八木智哉君が日本ハム、武内晋一君がヤクルトにいずれも特別枠で入団し、八木君を筆頭に大活躍しております。結成してからまだ19年目でありますが、初代会長は村山実氏、2代目会長は中西太氏、現在は法政大学と広島カープで活躍し、後にロッテ監督を務めた山本一義氏が3代目会長に就任し今後の一層の発展を期しています。

全日本少年硬式野球連盟公式サイトはコチラ>>

ページトップへ戻る

球場







ページトップへ戻る
Copyright(C) Yokohama Young Samurai All Rights Reserved.
inserted by FC2 system